使用とは?

古物営業法第2条の第1項

「一度使用された物品」

の「使用」とはどのようなことを意味するのでしょうか?

 

服を買ったがカーテンに縫い直した。

カメラを買ったが分解し組立なおしオブジェにした。

 

このような場合も「使用」の内に入るのでしょうか?

 

「買ったものをどう使おうが買った人の勝手」という考え方であれば使用の内に入るでしょう。

 

しかし、古物営業法上の「使用」の意味はもう少し限定されています。

「使用」=その物本来の目的にしたがって使うこと

なのです。

 

従って、服は着ること、カメラは撮ることが使用するということにあたるのです。

 

では、カーテンにしてしまった服、オブジェにしてしまったカメラは古物に当たらないのか?

という疑問が生じると思います。

その答えは法2条第3項が教えてくれるのですが、これにも補足が必要です。

それについては次回お話します。